全部あたしのもんだ

ローカル線シゲアキ担の旅

V6とヒミツの恋はじめました

ここ最近うちわの話ばかり書いている気がするので、ちょっと違う話題にしたいと思う。



先日、ずっとやってみたかったアレを始めてみた。



「ラブセン〜V6とヒミツの恋〜」



ファンでなくともなんとなく知っている人は多いであろう、2013年にGREEから配信された実写恋愛シミュレーションゲームである。

正直GREEのゲームはやったことないし登録とか面倒くさいのかな〜と思ってなんとなく敬遠していたのだが、ある日ジャニーズwebのV6のページを見ていた時にたまたまラブセンのページを発見し、そのまま夜中のノリだけでインストールしてみた。

レビューを読んでみるとかなり高評価らしく「登録しなくても出来た」というレビューも見つけた。さすがにそれは〜…と半信半疑のままアプリを開くと、特に何も登録しないまま始まってしまった


おおお?!?!?!


焦りつつも読み進めてみると、かなりヲタク目線に作り込まれていて驚いた。「GREEごめん」と全面的に謝りたい。


今のところメンバーを選ぶ辺りまで軽く進めてみたのだが、チュートリアルのストーリー展開はかなり好みだし、何よりイベントやアイテムが豊富すぎる!!!
ツアーとの連動企画やプレイヤーオリジナルのシナリオ、おまけに無料で読めるコンサート後の甘いミニストーリー♡には腰を抜かした。コンサートに行けない悲しみをここで紛らわせればいいのか…


岡田くんに後ろから抱きしめられたいし、剛くんに会いたかったとか言われたすぎるし、一回でいいから「まぁくん」って呼びたい……!!!!(身悶え)


しかし「まぁくん」とは親ほどの年の差なのでかなり非現実的である。当たり前だが全員非現実的である。
それでもいいのだ、ゲームなんだから。





ただひとつ、気になることがある。





坂本おじさんの異常な登場率の高さ




選んでもいないところで「今回は僕だよ!」と突如やってくる坂本おじさん。おかげで情が湧いてきて、本編メンバーをおじさんにすればよかったと後悔し始めた。


夜中、一人でニヤニヤしながら進めるのはなかなか楽しかったのでしばらく続けてみようと思う。